阿部貴代子プロフィール

Profile

阿部貴代子
阿部 貴代子

発達障害(LD・ADHD・アスペルガー・広汎性)のお子さんをもつママのための、学校生活サポーター
メンタルコーチ/学習支援員
発達障害児のママを支援するNPO法人「シャイニングスター」設立(2014年1月)

東洋女子短期大学卒。大手企業のOLとして就職後、寿退社。
夫、長女(広汎性発達障害)、次女の4人家族。

長女の小学校入学に伴い感じた違和感。
PTAは、特別支援学級の保護者は「大変だから参加しなくていい」という暗黙の了解があり、
支援学級の保護者も、
「私達は大変だから、少し参加していればいい」
という立場であること。

その結果、PTA関連の行事のお知らせ、連絡は、保護者、担任の先生、児童にもまわってこない。
PTAで管理をしている、登校班での集団登校や、地区活動に参加することもほとんどなかった。

小学校

同じ小学校に通う子ども達なのに、おかしい!
特別支援学級に通う娘の母として、PTAから、特別支援と通常学級の垣根をとる!ために
自分の子だけではなく、みんなのためになることをするPTA活動を特別支援学級のお母さん方にも推進。
本部役員、その後、地区活動を管理する校外の部長を歴任。地域ボランティア活動にも参加。

その後、近隣小学校で「メンタルフレンド」として勤務。
登校しぶり、通常学級の発達障害のお子さんたちと向き合う。

同時期にコーチングと出会い(株)チームフローでコーチングを学び、メンタルコーチとなる。

阿部貴代子

現在、小学校では主に低学年の授業、行事における、児童の支援をする、学習支援員として
小学校の外では、発達障害児のママのための学校生活サポーターとして、コーチング
セッションを展開中。

通常学級における、発達障害児の支援のメリットは
・本人の社会性が身につく
・周りの子の、障害のある子への理解と配慮が身につく
ことであり、一方、デメリットとしては
・学習についていけない
・全体指導が中心の授業に、個別対応の時間を十分確保できない
・本人のセルフイメージが下がる
など。

それらのメリット、デメリットも認識したうえで、より良い地域社会、教育環境づくり
先生や保護者支援のために日々奮闘中。

さらに発達障害の、認知度をあげ、発達障害児に関わる人を支援する活動を広げるために
2014年1月NPO法人「シャイニングスター」を設立。
モットーは金子みすゞ力(みんなちがって、みんないい)。

■私の好きなもの&こと
学校(私の大切な「居場所」のひとつ。コミュニケーションの宝庫)
金子みすゞ(「みんなちがってみんないい」は私の軸のひとつ)
吉田松陰(歴史上の人物で一番尊敬!彼の情熱に触れたくて
毎年一回、ペリー来航記念の浦賀の砂浜を走ります。)
平清盛(大河ドラマではまりました。「面白く生きたい!」)
キングカズ(「好きなことをやり続ければいいんだよ!」私の勇気の源)

ZUMBA(エクササイズ!どかーんっと汗を流して、リセット!)
Disney fairies(DVD全部持ってます!キラキラ☆の妖精の粉が欲しい~)
インコ(サザナミインコとアキクサインコ飼ってます)
コスメ類(POLAのBA黒が働いたご褒美)
ヘッドスパ(1カ月に1回のリラックス&リセット)
ネイル(小学校の女子にチェックされます。。。)

河口(海のエネルギーと河のエネルギーのぶつかり合うところ!)
キラキラしてるもの(囲まれて生きていたい~)
ドライマンゴー(ほぼ、主食・・・)
うまい棒(コーンポタージュ。仕事のお供。)

■開催実績
府中市青少対第一地区 時間管理講座
いおぎみんなの学校 子どもわくわくハローワーク
アラフォー講座
大学バレーボール部セミナー
都立高校部活メンタルサポート
ドリームマップ講座
府中市私立幼稚園協会研修
都立高校部活メンタルサポート、セミナー開催

阿部貴代子

メッセージ from Kiyo

絶対に諦めない。ダメなんかじゃない。
あなたに合う方法が必ずある!前に進む方法がある。


これが、私の信念。
できることをやってみる。違ったら、修正すればいいのです。

コーチングは、その場だけの問題解決では、ありません。
扱ったテーマから出てくる、様々な答え、行動は、その場しのぎではなく
テーマを超えて、あなたの人生に、周りの人達に影響を与え続け生き続けます。

私は、小学校の中で、子ども達に、関わる人達にその体験を増やしていきたい!
と思っています。

どんな時も、誰かがそばにいてくれた。仲間と協力したことがあった。
できないと思っていたことが、やってみたらできた!
諦めかけていたら、「絶対に諦めないよ!」って言ってた人がいた。
そんな心の中にキラッ☆と光る体験。
それを増やしていきたい。

小学校スクールコーチ

それは、障害がある、なしに関わらず。

辛いとき、苦しいときに、その体験が、助けてくれるのです。
ふんばれるのです。人にやさしくなれるのです。

そして。。
ママ達に、そのエッセンスを伝えていきたい!

自分の子どもに何かあったときに。真っ先に「親の在り方」が問われる。
そのとき、そのとき一生懸命子育てしていても。

あなたは、ダメなんかじゃないし。お子さんだって、ダメなんかじゃない。
もしも「ダメ」って自分や子どもに「×」をつけて苦しかったら。。。
そこがチャンスです。あなたらしく。「ママ軸」をみつけて進んでいくチャンス。


小学校スクールコーチ

私のコーチングと、学校勤務の経験と、発達障害児と健常児の子育て経験全てで
サポートしていきます!

Copyright© 2014 阿部貴代子オフィシャルサイト All Rights Reserved.